政治・経済

【不思議】国会議員を辞めさせることができないのはなぜ?

 data-srcset

国会議員を辞めさせたいと思った場合、どんな手続きが必要になるのでしょうか?

 

国会議員はたびたびニュースを騒がせては、大きな問題へと発展したりします。

騒動が大きくなっていく中で巻き起こるのは、「辞職するべきではないか?」ということです。

しかしたいていは辞職に応じることなく、そのまま議員を続けることを選びます。

目に余る行動が多くて辞めさせたいと思っても、簡単に辞めさせられないのが実態です。

 

国会議員は選挙で国民の審判を仰ぐということもあり、さまざまな特権に守られています。

国会議員を強制的に辞めさせるというのは、果たして難しいのでしょうか?

 data-srcset
国会議員の歳費2割削減は実際のところいくらもらっているのか?国会議員の歳費2割削減が決定しましたが、実際のところどれくらい減ったのでしょうか?丸山議員が自身のツイッターで、明細を公表しています。2割削減をして手取りがおよそ20万円くらい減っているのが分かります。...
 data-srcset
国会議員の人数は多いのか?世界の人数や意見の比較などから考察する国会議員の数が多すぎる…、もっと減らした方がいい…。 国会議員の人数は果たして適正なのか?たびたび議論が行われています。 残...

スポンサーリンク

国会議員を辞めさせる方法について

国会議員は選挙によって選出されていて、国民の代表としての立場にあるので、簡単に辞めさせることはできません。

方法としては、けん責決議、辞職勧告決議、糾弾決議、除名処分、などがあります。

・けん責決議

・辞職勧告決議

・糾弾決議

・除名処分

けん責<辞職勧告<糾弾<除名処分、の順番で重くなっていきます。

けん責決議

けん責決議案は、問題発言をした者に対して厳重注意をして反省させて、始末書を書かせて戒めるために議会で採決をする、という議案のことです

けん責は、懲戒処分の中で、もっとも軽い処分となります。

最近では、丸山穂高議員がけん責決議案を受けています。

>NHK政治マガジン 丸山議員のけん責決議案提出 自公 「許されぬが…」

辞職勧告決議

辞職勧告決議は、国会議員を辞職させるために行われる決議のことです。

ただしこれには法的拘束力がないため、本人が従わなければ意味を成しません。

2002年、鈴木宗男氏に対して、辞職勧告決議が可決されました。

しかしこのとき鈴木宗男氏は、辞職を拒否しています。

糾弾決議

上記の2つよりもさらに強い、糾弾決議というものもあります。

こちらも辞職を求める内容ですが、辞職勧告決議と同じで法的拘束力はありません。

前述の丸山穂高議員は、のちに「けん責」から「糾弾」に変わりました。

糾弾決議は可決されましたが、丸山議員は辞職を拒否しています。

>毎日新聞 丸山穂高議員、「けん責」から「糾弾」 何が変わったの?

除名処分

これでも応じない場合、最終手段として、国会による除名処分、となります。

現憲法下で国会議員が除名処分の事例は、たった2つしかありません。

1950年  小川友三参院議員(無所属)

1951年  川上貫一衆院議員(共産)

ここまで来てようやく、国会議員を強制的に辞めさせることができます。

ただし、除名処分後に選挙に立候補して当選すると、また国会議員になることができます。

除名処分を受けても選挙で当選すれば、また国会議員になることができる

国会議員は国会期間中は逮捕されない?

国会議員は国民の代表として選出されていて、権利が厚く守られています。

自分で辞めると言い出さない限り、外から辞めさせるのは非常に難しいのが実態です。

国会議員は例え犯罪を犯しても、国会期間中は逮捕されることはありません。(日本国憲法第50条)

たとえ国会が開かれる前に逮捕しても、国会期間中に国会から要求があった場合、釈放しなければならないのです。

ほかには、選挙で落とすか、総理が解散するか、といったことくらいです。

 

国会議員は不祥事や問題が発生したとき、ほとんどの人が居座るという選択を取ります。

自由な議論を保障する意味において、国会議員の権利はしっかりと守られて然るべきですが、本当に必要なのか?と感じることも事実です。

選挙を勝ち抜くのは大変難しくて、挑戦するだけすごいと思いますが、なってしまうと緩んでしまう人も多いように思います。

国会議員になってからが本番なので、しっかりと締めて欲しい願うばかりです。

スポンサーリンク

国会議員の権利と国益について

現行のルールでは、国会議員の権利は非常に厚く守られています。

国会議員は最大限尊重されて然るべきですが、一方で国益が損なわれていると感じる面が多いのも事実です。

問題を起こして雲隠れする議員や、任期満了まで時間を稼いでいる議員など、あからさまな態度を取る人に、制裁は加えられないのでしょうか?

選挙という制度は決して否定しませんが、選挙に依存しすぎる現行の制度も、問題は多いように思います。

 

国会議員の権利も大事ですが、一体いつになったらネット投票は実現するのでしょうか?

普通に考えて早く導入した方が良いのは、改めて言うまでもないと思います。

国会議員が自分たちの権利を守ることに躍起になっていて、国益のことを考えているようには感じません。

自分たちの保身やメリットばかりでなく、国益を第一に考えて取り組んで欲しいと思います。

国会議員は説明責任をきちんと果たしているのか?

国会議員は国民の代表として活動しているので、説明責任は果たすべきだと思います。

辞職してしかるべき内容のことをしていても、本人はまったく気にしていない…。

周りが勧告をしても、まったく聞く耳を持たない…。

国会議員は税金で給料が支払われているのだから、活動内容を問われるのは当然です。

 

国会議員はきちんと説明責任を果たさなければ、たちまち信用を失います。

ルールとしては問題ないかもしれませんが、道徳や倫理を問われることになりかねません。

頭は良くても素行がイマイチで誠実さがない…、そんな人がとても多いと思います。

ルールは自分を守るために使うのではなく、もっと前向きな態度で使って欲しいです。

国会議員の資質を見抜けなかった有権者が悪い?

国会議員が騒動を起こすと、マスコミが必ず言うことがあります。

選挙で選んだのは国民なのだから国民にも責任の一端はある、ということです。

日本は民主主義の世界なのだから、イヤならば選挙で落とせばいい。

わたしたちが選挙で選んだ以上、選んだ側にも責任がある、ということです。

 

ただ、これほど空虚に消えていく、虚しい言葉はありません。

民主主義の原理原則を用いて言っていると思いますが、結局は誰の心にも響きません。

直接投票した人ならまだしも、ほとんどの人にとって、見ず知らずの国会議員です。

責任の一端があるなんて大上段から言われても、そんなこと知ったことではありません。

 

大多数の人にとって、言ってしまえばほとんど関係のない話です。

お灸を据える方法がほかに無いため、どうにもできないのです。

にも関わらず議員の座に居座ろうとするから、バッシングが巻き起こるのではないでしょうか?

あえてできることと言えば、次の選挙で二度と通さないという方法しかありません。

やがて国会議員は権力に居座りながら雲隠れする

騒動が大きくなると、国会議員はたいてい雲隠れして姿を現さなくなります。

時間が経てば収まると考えているのか、表に出てくることはありません。

ただし説明がないままだと、火種はますます強まるばかりです。

進展のないまま空虚に過ぎていく時間は、国家にとって大きな損失です。

 

疑惑が持たれている間も、国会議員には給料が支払われています。

議員としての特権を享受しているのです。

このお金が税金であることを考えると、すごく悲しい気持ちになります。

時間を稼いで収束させるというのは、前向きな解決方法ではないので、非常に残念です。

鋼の意志は外交や交渉の場で使って欲しい

政治家の鋼の意志は、ワイドショーを賑わすのではなく、外交や交渉の場で力を発揮してほしいです。

国益を損なうような発言をして問題となり、いつまでもしがみついていれば、悪者扱いされるのも無理はありません。

国会議員は国を代表する権力者なので、その権力をいい方向に使って欲しいものです。

願わくば、国会議員の人たちにきちんと仕事をして欲しい、と思う次第です。

 data-srcset
国会議員の人数は多いのか?世界の人数や意見の比較などから考察する国会議員の数が多すぎる…、もっと減らした方がいい…。 国会議員の人数は果たして適正なのか?たびたび議論が行われています。 残...
 data-srcset
国会議員の給料はいくらなのか?その金額は高すぎるのかを検証する!国会議員の給料は多いのではないか?そんな議論がたびたび起きています。 そもそも国会議員はきちんと国民のために働いているのか? ...