ジッタリンジン

ジッタリンジン 破矢ジンタさんのギターはロック史上の金字塔!

 data-srcset

ジッタリンジンのギターを担当しているのは…、破矢ジンタさんです。

彼らのギターテクは、一部のファンからは天才と言われていますが…、あまり多くの人には知られていません。

 

残念ながらジッタリンジンは、90年代に活躍した1バンドという扱いに留まっています。

ジッタリンジンの音楽は、いま聴いても本当に素晴らしく、思わず耳を疑ってしまうものばかりです。

ジッタリンジンのファンとしては…、雑誌『ロッキング・オン』あたりに、もっと評価をして欲しい!

ジッタリンジンの音楽を聴くたびに、わたしはつくづくそんなことを感じたりします。

 

わたしはジッタリンジンの熱烈なファンで、いまでも繰り返し聴いています。

その音楽性は惚れ惚れとするばかりで、こんな天才がいるのか!とただ驚くばかりです。

 

ジッタリンジンが活動を休止して久しいですが、音楽が色褪せることはありません。

誰にも真似ができないほど、唯一無二の音楽が繰り広げられていると思います。

 

ジッタリンジンの破矢ジンタさんについて見ていきます。

スポンサーリンク

破矢ジンタさんについて

ジッタリンジンは、1986年に奈良県出身のロックバンドとして結成しました。

破矢ジンタさんの基本情報は以下のとおりです。

<プロフィール>

名前:破矢ジンタ(はしじんた)

誕生日:1965年3月30日

出身:奈良県大和郡山市

担当:ギター、ボーカル

破矢ジンタさんが使っているギターが気になったので、どんな種類のものかを調べてみました。

初期:エピフォンのカジノというセミアコ

後期:グレッチのセミアコ

破矢ジンタさんのギターは、ファンの間では大変な人気を誇っています。

 

ところで、破矢ジンタさんをモデルにした、ギターがあることはご存知でしょうか?

 

エピフォンは「ソレント」をベースにした「破矢ジンタモデル」を発売しました。

「破矢ジンタモデル」のギターは、生産本数がかなり少ないため、プレミア価格がついています。

>エピフォン 破矢ジンタモデル/USED 美品 良好

中古市場でもあまり出回らず、ギター愛好家の間でも高い人気を誇っている逸品です。

わたしはギターをまったく弾けませんが、とても格好いいギターなので、すごく欲しくなったりするのです。

ジッタリンジンの音楽性について

ジッタリンジンの音楽は、すべての楽曲を破矢ジンタさんが手掛けています。

音楽の種類についてさまざまな見方がありますが、以下のように括られたりします。

・スカコア

・スカパンク

・メロコア

アルバム『テンタスティック』の発売時には、以下のような謳い文句となっていました。

スカ、パンク、コア、ロカ、ラスティック、ヒルビリー、スイングから歌謡曲の好きな人まで全員必聴! もちろん超高速ビートは一万回転からの夢の世界!

ジッタリンジンの音楽性は、スカバンド界隈の人たちから多大な支持を集めています。

かつてはスネイルランプが、自らのルーツはジッタリンジンにある…、なんて公言していました。

速いテンポ、切ないメロディ、あっけらかんとした感じで進んでいく音楽…。

ジッタリンジンの音楽の魅力は、まさにこういった部分にあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

破矢ジンタさんを天才ミュージシャン枠に入れて欲しい!

破矢ジンタさんは、一部のファンの間でずっと天才だと言われ続けています。

わたしもその意見に賛成で、ほかにはない唯一無二の才能だと思います。

 

古今東西にはさまざまな天才ミュージシャンがいて、多くの人に知られています。

・ビートルズ

・ボブ・ディラン(祝ノーベル文学賞!)

・レイ・チャールズ

・エルトン・ジョン

・坂本龍一

・宇多田ヒカル

これらのラインナップに対して、異論を唱える人はほとんどいないでしょう!

わたしはこの中に、破矢ジンタさんを絶対に入れた方が良いと思います。

 

ジッタリンジンの音楽が、知る人ぞ知る!という扱いで良いはずがありません。

「日本が生んだ宝」だと言っても、決して過言ではないように思います。

 

90年代にこれほど素晴らしい音楽を繰り広げていたことは、まさに驚愕の一言です。

時代の最先端を行っていた、まさに唯一無二のバンドなのではないでしょうか?

 

破矢ジンタさんのギターは、もっと評価されて欲しいと本気で思ったりするのです。

破矢ジンタさんギター聴きどころ5選!

ジッタリンジンの楽曲は、間奏のギターソロが特に魅力的なものが多いです。

わたしがとりわけ大好きな、ギターソロ5曲を挙げてみたいと思います。

エヴリデイ

「エヴリデイ」はジッタリンジンのデビュー曲ですが、高い完成度を誇っています。

「エヴリデイ」は間奏のギターソロが、躍動感に満ちていて大変素晴らしいです。

破矢さんのギターと入江さんのドラムが、対話しながら見事に絡み合っています。

「エヴリデイ」の聴きどころは、間奏のギターソロにあると思います。

夏祭り

「夏祭り」はジッタリンジンの楽曲の中で、もっとも広く知られています。

これからも世代を超えて愛されていく、まさに古典的名曲ではないでしょうか?

間奏のギターソロがとにかく素晴らしく、この部分を聴くだけでも十分に価値があります。

また女の子バージョンを歌った「なつまつり」の間奏も、大変素晴らしいです。

 data-srcset
ジッタリンジンの「夏祭り」には続きがある!アンサーソングについて!「夏祭り」は誰もが知る有名曲ですが、これには続きがあります。本家のジッタリンジンは、2010年に「なつまつり」をリリースしました。曲はそのまま、女の子側からの視点で歌ったラブソングとなっています。...

青いカナリア

「青いカナリア」は、ジッタリンジンの中でも、上位に位置する稀代の名曲です。

サビの歌い終わりに被せるギターの音色は、まさに天才そのものではないでしょうか?

間奏のギターソロでは哀愁あふれる、えも言われぬ美しい旋律を披露しています。

冒頭から終わりまでギターのすごさを体験できる、まさに極上の1曲だと思います。

 data-srcset
ジッタリンジン「青いカナリア」が名曲過ぎて泣きそうになる!「青いカナリア」は、ジッタリンジン史上屈指の名曲です。疾走感あふれる楽曲は、繰り返し何度も聴きたくなる魅力が詰まっているのです。サビの歌い終わりにギターを被せるところは、何度聴いても素晴らしいものがあります。...

やけっぱちのドンチャラミー

「やけっぱちのドンチャラミー」は、アルバム「テンタスティック」の中の1曲です。

冒頭からアゲアゲ感満載で、高いテンションのまま炸裂していく曲です。

ただでさえテンションが高いのに、間奏のギターはさらにその上をいく凄さです。

凄まじいレベルのギターが炸裂している、絶対に聴いた方が良い1曲です。

間奏で繰り広げられるギターソロで、神曲として認定したいのが「晴」です。

切なさ、物悲しさ、美しさ、ギターの旋律の中に、あらゆる感情が同居しています。

ジッタリンジンのキャリアを通じて、マスターピースと言える1曲だと思います。

繰り返し何度も聴きたい珠玉の名曲、「晴」はまさにそんな曲です。

 data-srcset
ジッタリンジンのナンバーワンは「晴」で決まり!すべてを越える至高の名曲!ジッタリンジンの数ある名曲の中で、ナンバーワンは果たしてどれなのでしょうか? ファンの間ではさまざまな意見があって一概には言えませ...

破矢ジンタさんが全編ボーカルを務めている曲について

ジッタリンジンのボーカルを担当しているのは…、春川玲子さんです。

ただアルバム曲の中に、破矢ジンタさんが全編ボーカルを務めている曲があります。

アルバム『パンチアウト』の5曲目に収録している「ウォーウォーウォー」

ジッタリンジンには珍しく、およそ6分半に及ぶ、かなり長い曲となっています。

破矢さんのボーカルを聴きたい人は、「ウォーウォーウォー」は要チェックです。

破矢ジンタさんの秀逸な歌詞について

破矢ジンタさんの音楽性は大変素晴らしいですが、それだけではありません。

破矢ジンタさんは、作詞の能力もほかには真似できない唯一無二のものがあると思います。

 

特に、女性の揺れ動く気持ちを描く以下の曲は、誰にも真似できないものだと思います。

・月夜の散歩道

・自転車

・晴

誰が作詞をしたのかを伏せて見せると、おそらく多くの人が女性が描いた歌詞だと感じるでしょう。

これほどまでに、複雑で繊細な女心を描ける人は、なかなかいません。

 

また「アニー」のように、健気な男の子の心情を描くのも長けています。

「およめさん」や「おじいちゃん」のように、年配男性の優しい眼差しも描くことができるのです。

 

破矢ジンタさんの作詞の能力は、本当にものすごく豊かだな、と思います。

破矢ジンタさんは音楽家としてだけでなく、作詞家としても非常に素晴らしいです。

破矢ジンタさんの口コミ、評判について

破矢ジンタさんについて、さまざまな口コミが挙がっています。

破矢ジンタさんのギターを再評価して欲しい!

破矢ジンタさんは、唯一無二の天才だと、わたしは本気で思っています。

本来はもっと評価されてしかるべき人だと思いますが、残念ながら一般の人にはあまり知られていません。

 

曲だけではなく歌詞に関しても、普通では真似できない大変素晴らしいものばかりです。

わたしは、破矢ジンタさんこそ、天才音楽家の枠に入れるべき人なのだと思います。

 

どんなきっかけでも良いので、もう一度、ジッタリンジンの音楽にスポットが当たって欲しい!

わたしはジッタリンジンのファンとして、心からそんなことを考えたりしています。