ジッタリンジン

ジッタリンジン 破矢ジンタさんのギターはロック史上の金字塔!

 data-srcset

ジッタリンジンの破矢ジンタさんのギターは、もっと評価されてしかるべきだと思います。

世の中には、勢いに任せただけのロックミュージックが星の数ほどありますが、ジッタリンジンの音楽は、ほかのバンドとは明らかに一線を画しています。

春川さんの魅力的なボーカルや、入江美由紀さんの凄腕ドラムテクが、大きく貢献していることは間違いありません。

ただ、破矢ジンタさんが間奏で繰り広げる美しいギターソロが、思わず聴き惚れてしまうほど、とにかく素晴らしいのです。

 

ジッタリンジンの楽曲は、すべてにおいて高いクオリティを誇っています。

誰も真似ができないほど、高次元で唯一無二の音楽が繰り広げられています。

ジッタリンジンが活動を休止して久しいですが、音楽が色褪せることはありません。

むしろ時代が経てば経つほど、90年代にこれほど質の高い音楽を繰り広げていたことに、驚愕せずにはいられないのです。

スポンサーリンク

破矢ジンタさんを天才ミュージシャン枠に入れて欲しい!

古今東西の天才ミュージシャンは、枚挙に暇がありません。

世界で言えば、ビートルズとかボブ・ディランとか(祝ノーベル文学賞!)、レイ・チャールズとか、エルトン・ジョンなど、いくらでも挙げることができます。

日本にも天才ミュージシャンはたくさんいます。

坂本龍一、小室哲哉、中田ヤスタカ、宇多田ヒカル、椎名林檎あたりは、誰もが認める音楽の天才と言って良いのではないでしょうか?

 

破矢ジンタさんは、天才ミュージシャン枠に絶対に入れるべき存在の人です。

これほど素晴らしい音楽を生み出せる人が、知る人ぞ知るといった存在で良いはずがありません。

日本が生んだ宝と言っても、決して言い過ぎではありません。

破矢ジンタさんを抜きにして、ギタリストについて語るべきではない、とさえ思ったりします。

ジッタリンジンの音楽に時代が追いついた!

ジッタリンジンの音楽は、残念ながら時代にうまくマッチしませんでした。

初期はオリコンチャートにランクインしていましたが、その後、インディーズに活動拠点を移します。

音楽性は特筆すべきものがあると思いますが、それに見合った売れ方をしたとは言えません。

素晴らしい音楽を奏でているのにそれ相応の評価がされなかった…、まさにその筆頭だと思います。

 

90年代にこれほど素晴らしい音楽を繰り広げていたことは、まさに驚愕の一言です。

ジッタリンジンほど、実力に見合った評価を受けていないバンドはいません。

ジッタリンジンはもっと評価されて然るべきだと思います。

ジッタリンジンはものすごく魅力的なバンドで、今後も引き継がれるべき、だと思います。

スポンサーリンク

破矢ジンタさんのギターと音楽性について

破矢ジンタさんは、ジッタリンジンのすべての楽曲を作っています。

ほぼすべての曲において、間奏でギターソロが繰り広げられます。

入江美由紀さんのドラム、春川さんのアコーディオンとうまく絡み合い、サビ以上に聴きどころが満載です。

ロックが先鋭化されて、気難しさを感じる音楽が増えている中で、ジッタリンジンの音楽はあっけらかんとしていて、清々しさを感じる曲ばかりです。

 

音楽は流れるように進んでいき、ある意味で素っ気ないとさえ感じられます。

演歌歌手が拳を突き上げて歌い上げる情緒豊かな浪花節、とはまったくの正反対です。

しかし音楽はとても温かみがあり、喜びや悲しみなど、正直に伝わってきます。

「アニー」や「自転車」のような素直すぎる歌詞が、ものすごく心に響くのです。

破矢ジンタさんのギターを堪能する曲

ジッタリンジンのどの曲を聴いてもハズレはないのですが、以下のベストアルバム2枚の中から、とりわけギターが良いと感じる5曲を挙げてみます。

エヴリデイ

エヴリデイはデビュー曲ですが、この時点で間奏のギターがすごすぎます。

ジッタリンジンの曲は全体的にとても軽やかですが、すごい演奏技術が詰まっていて、何度も聴いても飽きません。

エヴリデイのPVでは、春川さんが軽いステップを踏みながら、歌っています。

これは事務所の意向なのでしょうか?それともバンドの意志なのでしょうか?

前者のような気がして仕方がないのですが、とりあえずいろいろと面白いPVです。

SINKY-YORK

SINKY-YORKも初期の曲ですが、素晴らしいギターが繰り広げられています。

春川さんのボーカル、入江さんのドラム、それぞれに聴かせどころ満載で、切ない別れの曲を生み出しています。

各々の技量も大変素晴らしいのですが、それがうまく絡み合っていい感じに仕上がっています。

夏祭り

ジッタリンジンのもっとも有名な曲で、世代を超えて多くの人に親しまれています。

ただし有名なのはホワイトベリーのカバーの方で、本家はあまり知られていません。

間奏のギターソロがとにかく素晴らしく、この部分を聴くだけでも十分に価値があります。

また女の子バージョンを歌った「なつまつり」の間奏も、大変素晴らしいです。

 data-srcset
ジッタリンジンの「夏祭り」には続きがある!アンサーソングについて!「夏祭り」は誰もが知る有名曲ですが、これには続きがあります。本家のジッタリンジンは、2010年に「なつまつり」をリリースしました。曲はそのまま、女の子側からの視点で歌ったラブソングとなっています。...

やけっぱちのドンチャラミー

「やけっぱちのドンチャラミー」は、神曲に認定しても良いのではないでしょうか?

ロックのお手本とも言える曲で、最初から最後までアゲアゲ感満載な曲です。

間奏のギターがすさまじいレベルで炸裂しています。

ジッタリンジンを聴いていて本当に良かったと素直に思える1曲です。

わたしの中で、ジッタリンジンのオールタイム・ベストは「晴」です。

「晴」は後世に残したい唯一無二の神曲、ではないでしょうか?

曲全体を通じて、ギターが素晴らしい役割を果たしています。

次の項目でも書いていますが、「晴」の作詞は破矢ジンタさんなのがすごく驚きです。

破矢ジンタさんの作詞は複雑な女心をよく分かっている!

ジッタリンジンの曲は、女性の心情を歌うシーンが度々登場します。

作詞しているのはほとんどが、破矢ジンタさんです。

稀代の名曲「クローバー」は春川さんの作詞ですが、それ以外はほとんど破矢ジンタさんの作詞です。

「自転車」「晴」「月夜の散歩道」「10月のベレット」「ひまわり」など、女性の繊細な気持ちを描いていて、すごくうまいです。

 

破矢ジンタさんは音楽家としてだけでなく、作詞もずば抜けて素晴らしいです。

もちろん女性の心情だけでなく「アニー」のように男の子の気持ちを描くのにも長けています。

さらに「およめさん」や「おじいちゃん」のように、年配男性の優しい眼差しも描くことができます。

ジッタリンジンの魅力はさまざまありますが、文学性のある歌詞もまた魅力の1つなのです。

破矢ジンタさんの口コミ、評判について

破矢ジンタさんについて、さまざまな口コミが挙がっています。

ジッタリンジンの曲を聴くときは破矢ジンタさんのギターに注目!

2019年にジッタリンジンはYouTube公式チャンネルを立ち上げました。

>ジッタリンジン公式YouTubeチャンネルはこちら

90年代は多くのミリオンヒットが生まれた一方で、音楽がひと括りにされていた時代でもありました。

いまは音楽が細分化されて、密接なファンとのつながりが大切にされる時代です。

わたしの勝手な深読みなのですが、このタイミングでYouTubeが立ち上がったのは、ものすごく意味のあることだと思います。

 

ジッタリンジンの素晴らしさは、改めて説明するまでもありません。

バンドとしての完成度はもちろんですが、とりわけすべての要となっている破矢ジンタさんのギターは、最大の魅力の1つなのです。

また曲ばかりではなく、歌詞も大変素晴らしいものばかりです。

改めて言いますが、破矢ジンタさんこそ、天才音楽家の枠に入れるべき人なのです。