ジッタリンジン

【体感】ジッタリンジン、入江美由紀さんのドラムが超絶上手い!

ジッタリンジンは奈良県出身のロックバンドです。

90年~2000年代ころにかけて、大きな活躍をしました。

ボーカル・・・春川玲子

ギター ・・・破矢ジンタ

ドラム ・・・入江美由紀

ベース ・・・浦田松蔵(途中脱退)

春川さんや破矢さんが注目を集めがちですが、入江さんのすごさが尋常ではありません。

ジッタリンジンのすごさはいろいろと語れますが、ドラムは大きな要素の1つなのです。

入江美由紀さんのドラムについて

ジッタリンジンのドラム、入江美由紀さんがとにかくうま過ぎです。

個人的に好きなのは「恋は突然」のドラムです。

この曲はドラムのリズムの取り方で、ものすごく完成度を上げています。

もしドラムがなかったら、ものすごく単調に、ドレミファソラシド、と歌うだけの曲になってしまいます。

ドラムが曲の核となる部分を作り出している、と言っても決して過言ではありません。

 

ほかにも入江さんのドラムの素晴らしさは、いくつも挙げられます。

「晴」や「クローバー」の素晴らしさを根底から支えているのは、間違いなくドラムだし、「やけっぱちのドンチャラミー」のノリを支えているのもドラムです。

もはや入江美由紀さんのドラムなくして、バンドの素晴らしさを語ることはできません。

名バンドの陰には名ドラマーあり!

ここからは持論ですが、ドラムのうまいバンドはほぼ間違いなく、優れた楽曲を生み出しています。

チャットモンチーしかり、凛として時雨しかり・・・。

優れたバンドには、必ず有能なドラムの存在があると思うのです。

バンドの生命線はドラムにある、わたしはそう言い切ってもいいように思います。

ドラムが上手いか下手かによって、楽曲のクオリティはまったく違ったものになるのです。

 

ドラムによってリズムが生まれ、曲全体が大きく活気づくのです。

ドラムが楽曲のクオリティを、格段に底上げしています。

専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、ジッタリンジンの入江美由紀さんのドラムは、屈指の上手さだと思うのです。

ジッタリンジンにはこのドラムでしょ、としか言いようがないほど、とにかく格好良いドラムなのです。

ジッタリンジンの楽曲は、ギターやドラムの運動量がとにかく多くて、エネルギーの消費量がハンパないのですが、そんなことはものともせずに、完璧にこなしているのです。

入江美由紀さんのドラムの口コミ、評判について

入江美由紀さんのドラムについては、ツイッターでもたくさんつぶやかれています。

入江美由紀さんのドラムを堪能する曲

ジッタリンジンは、ベストアルバムを聴くのがおすすめです。

下記の2枚のアルバムを聴けば、バンドの歴史をひと通り網羅することができます。

 

おすすめとしては、以下のとおりです。

恋は突然

ドラムを堪能するのは、この曲がもっとも良いと思います。

ドラムが全体を引き締めて、リズムを刻みながらメリハリを生み出しています。

8-9-10!に収録されています。

プリプリダーリン

プリプリダーリンは、2:40足らずの短い曲ですが、ドラムはずっと叩きっぱなしです。

正確無比なドラムが、心地よいリズムを生み出しています。

8-9-10!8-9-10!!(Ver.2)両方に収録されています。

アニー

アニーが楽しい曲になっているのは、ドラムの貢献がとても大きいです。

運動量が多くて終始大変そうですが、完璧に叩いています。

8-9-10!8-9-10!!(Ver.2)両方に収録されています。

やけっぱちのドンチャラミー

最高のノリ、最高のアゲ曲です。

Bメロに入るところのドラムの打ち込みが、個人的にはものすごく好みです。

8-9-10!!(Ver.2)に収録されています。

ジッタリンジンのもっとも輝いている至高の名曲です。

何度聴いても素晴らしい曲は、安定のドラムによって成り立っています。

8-9-10!!(Ver.2)に収録されています。

ジッタリンジンの曲を聴くときは入江美由紀さんのドラムに注目!

ジッタリンジンを聴くときは、春川玲子さんのボーカル、破矢ジンタさんのギターも素晴らしいですが、入江美由紀さんのドラムも見過ごすことはできません。

ドラムによって楽曲全体が底上げされ、数々の名曲を生み出していることを、1人でも多くの人に知って欲しいと思います。

ドラム好きな人は、ジッタリンジンは特におすすめです。

RELATED POST