ジッタリンジン

ジッタリンジン 春川玲子さんのボーカルとアコーディオンが最高すぎる!

 data-srcset

ジッタリンジンのボーカル、春川玲子さんが最高すぎます。

ジッタリンジンのフロントマンであり、華にあふれる稀代のボーカルです。

春川さんのボーカルなくして、ジッタリンジンというバンドは考えられません。

中期から弾き出したアコーディオンが、とても良い味を出しています。

スポンサーリンク

ジッタリンジンの奇跡的すぎる布陣について

ジッタリンジンというバンド自体が、おおよそ考えられない奇跡的な布陣です。

破矢ジンタさんは天才音楽家であることは、もはや異論の余地がありません。

入江美由紀さんも、天才ドラマーであることも何の疑いもありません。

春川玲子さんのボーカルは、ジッタリンジンの楽曲に見事にマッチしています。

それぞれが持ち味を最大限に活かし、奇跡的な演奏が繰り広げられているのです。

初期に披露している春川玲子さんの踊り(?)について

デビュー曲「エブリデイ」では、軽いステップを踏んで踊りを披露しています。

ジッタリンジンらしさからはほど遠い、違和感すら覚える踊りなのです。

これは自分たちの意志なのか?事務所の意向なのか?いつも考えたりします。

わたしは後発のファンなので、このあたりの意図はよく分かりません。

インディーズに活動拠点を移していったことを考えると、自分たちのやりかったことができなかったのではないか?と勝手に想像したりします。

スポンサーリンク

春川玲子さんのボーカルを堪能する3曲

春川さんのボーカルは、曲によって雰囲気が変わります。

曲によっては同じ人が歌っているのかと思うくらい、表情がとても豊かです。

春川さんのボーカルはどれも素晴らしいですが、とりわけ特徴のある3曲を紹介します。

黄金の夜明け

「黄金の夜明け」は、ジッタリンジンらしさが詰まった珠玉の1曲となっています。

曲が始まる冒頭で、春川さんが発する「yeah!」という掛け声がたまらなく魅力的です。

「黄金の夜明け」の底抜けに明るさは、春川さんのキャラと見事にマッチしています。

わたしはカラオケで何度か歌ったことがありますが、曲の明るさに追いつけません。

「黄金の夜明け」を歌いこなすには、天性の明るさが必要なのです。

やけっぱちのドンチャラミー

ジッタリンジンと言えば、やはりこの曲を外すことはできません。

冒頭のハーモニカが流れただけで、テンションが爆上がりします。

やけっぱちに陥った春川さんが、叫ぶようにして歌うサビの部分は必聴です。

ライブで演奏されれば盛り上がること必至の、最高の1曲なのです。

10月のベレット

ジッタリンジンの中でも異色の曲です。

ジッタリンジンは軽やかな曲が多いですが、「10月のベレット」はまったく違います。

秋の夜長にしっとりとお酒を飲みながら佇んでいる・・・、大人の雰囲気満載な曲なのです。

春川さんは、かわいらしさやお茶目さが前面に出した歌い方が多いですが、10月のベレットではガラリと雰囲気が変わります。

ワインやシャンパンが似合いそうな、大人の女性の曲なのです。

春川玲子さんのアコーディオンを堪能する曲

春川さんの代名詞と言えば、やはりアコーディオンになるでしょう。

アコーディオンが特に活躍する3曲を紹介したいと思います。

自転車

春川さんのアコーディオンと言えば「自転車」が1番ではないでしょうか?

冒頭からアコーディオンが活躍しまくる、軽快なナンバーです。

ストレート過ぎるサビの歌詞は、聴いている側も少し恥ずかしくなるほどです。

「自転車」はジッタリンジンの良さが最大限に詰まった曲なのです。

コスモス

奈良を舞台に描いているコスモスは、別れを予感させる切ない曲です。

アコーディオンが随所に織り交ぜられて、曲を彩っています。

コスモスが名曲となっているのは、アコーディオンによる貢献が非常に大きいです。

間奏のアコーディオンは、大きな魅力の1つとなっています。

ひまわり

アルバム「カランバ」の4曲目に収録されています。

ジッタリンジンの後期における、もっとも素晴らしい1曲です。

曲調はミドルテンポで「自転車」にすごく似た雰囲気のある曲です。

間奏で繰り広げられる春川さんのアコーディオンが、とにかく最高すぎます。

春川玲子さんの作詞した稀代の名曲「クローバー」について

ジッタリンジンのキャリアの中で、最大の名曲と言えるのは「クローバー」です。

ジッタリンジンはすべての楽曲を破矢ジンタさんが作っていますが、「クローバー」は春川さんの作詞となっています。

子どものコーラスを織り交ぜて、素晴らしいハーモニーを繰り広げています。

間奏のアコーディオンは神がかっていて、大きな聴き所の1つなのです。

いつまでもわたしのこと 忘れないでいてね~

ジッタリンジンのファンにとって「クローバー」は、春川さんの切なる声にも聴こえます。

忘れないでいるから頼むから復活ライブをしてくれ~、というのがファンの本音なのです。

春川玲子さんの口コミ、評判について

ジッタリンジンは休止して久しいですが、ツイッターではいまもさまざまなつぶやきがあります。

春川玲子さんは結婚しているのか?

ネットで必ず見かける「結婚はしているのか?」という内容ですが、情報がないので分かりません。

非常に華のある人なので、注目されるのはある意味で当然のことだと思います。

ジッタリンジンは非常に露出が少なくて、そもそもメンバーの詳細な情報がほとんど分かっていません。

以前は春川さんのブログがあったのですが、現在は閉鎖されています。

この記事を執筆しているのは2019年12月、春川さんは51歳です。

まだまだ音楽活動ができると思うので、今後の活躍に期待したいと思います。

ジッタリンジンは春川玲子さんの魅力がたくさん!

春川さんのボーカルは曲によって表情が変わるので、その違いを楽しむのもおすすめです。

「なによ!」みたいに少し怖さを感じるものもあれば、「週間天気予報」のようにダメな彼氏に尽くしてしまう曲もあります。

「プリプリダーリン」みたいにはしゃぎすぎている曲や、「10月のベレット」のように、しっとりする曲など、聴けば聴くほどさまざまな魅力が発見できるのです。

ジッタリンジンは時代を経るごとに、演奏スキルが向上して、曲が洗練されていきます。

春川さんのボーカルも少しずつ変わっているので、いろんな曲を聴くのがおすすめです。

スポンサーリンク