ジッタリンジン

【考察】ジッタリンジンの音楽が次に引き継がれる可能性について

ジッタリンジンの音楽は、これから先も長く愛され続けていく…、そんな音楽だと思います。

爆発的な人気にはならないにしても、ファンの間で静かに育まれていく…。

そこには心を揺さぶる大きな感動があり、心の拠り所としていつでも暖かく迎え入れてくれる…。

ジッタリンジンの音楽には、世代を越えて愛される大きな魅力があるように思うのです。

 

爆発的な人気によって知名度を得たとしても、それが長く続くかどうかは分かりません。

逆にそれほど多くの人に知られていないけれど、長く愛され続けているものもあります。

中島みゆきさんの『糸』は、発表当時はそれほど大きなセールスではありませんでした。

しかし2020年代に入っても、多く人がカバーし、世代を越えて愛され続けているのです。

 

売れるとか売れないというのは、あくまでそのときの情勢でしかありません。

ストーン・ローゼズのファーストアルバムは、全英アルバムチャート最高32位でした。

しかしロックミュージックの金字塔として、いまも圧倒的な地位を誇っています。

かれこれ30年以上も前のアルバムにも関わらず、若者を魅了し続けているのです。

 

ジッタリンジンの音楽は、これからも長く引き継がれて欲しい!ファンしてはそんな風に思ったりしています。

スポンサーリンク

どんなものにも必ず賞味期限は来る

古典と呼ばれるものは、特別枠でずっと安泰の場所にいる…、わけではありません。

新しいものたちと常に現役で戦っていて、真正面から面白さの勝負に挑んでいます。

たとえ古典であっても、作品に魅了されて語ろうとする人がいなければ、やがて廃れてしまいます。

古めかしいだけで作品として価値がない!そうやって途絶えてしまうのです。

 

古典には必ず賞味期限があって、作品によって生きられる年数が異なってきます。

30年生き延びる作品があれば、100年生き延びる作品もあるし、1000年生き延びる作品もある…。

例えばクラシック音楽には400年の歴史があり、『源氏物語』には1000年の歴史があります。

長く引き継がれているものには、必ずそれなりの理由があるのだと思います。

次の世代に引き継いでいくことについて

フィッツジェラルドは、アメリカ文学の古典としてすでに高い地位にありました。

そこに村上春樹さんが積極的に喧伝することで、その評価はますます上がっていきました。

日本を代表する作家が評価すれば、それに目を向ける人はたくさん出てきます。

作品の価値が改めて見直され、そこからまた新たな発見が出てきたりするのです。

 

有名人や影響力のある人の発信は、世の中の多くの人に拡散することができます。

ただし本当に重要なのは、数よりも質とか熱意、だったりするのではないでしょうか?

より多くの人に知られることよりも、深く刺さった人たちによる心のバトンリレー…。

これらを伝えていくことの方が、はるかに大事なことなのだと思ったりします。

スポンサーリンク

ジッタリンジンの音楽は深く刺さる!

ジッタリンジンは高い音楽性とは裏腹に、多くの人に知られているとは言えません。

しかしジッタリンジンの音楽は、いまも熱いファンによって大きな支持を集めています。

『青いカナリア』や『自転車』といった名曲を、もっと多くの人に知って欲しい…。

ジッタリンジンがきちんと評価されるために、声を挙げ続けていく必要性を感じています。

 

ジッタリンジンは「ファンの間だけで知られている存在」で良いバンドではありません。

「90年~2000年代に活躍した奈良県出身のロックバンド」それ以上のものがあると思います。

「夏祭り」の原曲はジッタリンジンであること…、アンサーソングの「なつまつり」が存在していること…。

魅力を挙げていくとキリがありませんが…、ほかに変わるものがない素晴らしい音楽だと思います。

ジッタリンジン応援団として感じること

わたしはジッタリンジンのファンとして、これからも応援し続けていきます。

爆発的なヒットにはならなくても、ジッタリンジンの音楽が細く長く続いて欲しい!

「黄金の夜明け」を歌いながら、鼻歌交じりにスキップして歩んでいく…。

そんな軽やかなジッタリンジンが、どうしようもなく好きだったりするのです。