ジッタリンジン

ジッタリンジン「こいのぼり」のテーマは「祈り」?歌詞に込められた思いとは?

ジッタリンジンの「こいのぼり」は、切なさと物悲しさが同居した屈指の名曲です!

聴けば聴くほど味わい深くなり、深く考えさせられる、そんな曲ではないでしょうか?

やま
やま
「こいのぼり」は絶対に抑えておきたい曲です!

「こいのぼり」を一言で言い表すと、わたしは「祈りの曲」だと感じています。

サビの部分で高らかに歌う春川さんは、まるで祈りを捧げているかのようなのです。

空を泳ぐこいのぼり 天に上って

伝えてくれひとつだけ 僕は元気だと

曲に描かれているのは「別れ」であり、これは誰もが直面する普遍的な出来事です。

しんみりしたり、内省的な雰囲気になったり、通常は悲しみが表面化するものですが…。

ジッタリンジンらしいカラッした様子は、ここでも遺憾なく発揮しているのです。

やま
やま
こんなにも明るくて前向きな「別れの曲」を、ほかに知りません。

まだ曲を聴いたことがないという人は、是非ともやってみて欲しいことがあります。

まずは歌詞だけを見て、「こいのぼり」がどんな曲なのかを、想像してみて下さい。

>こいのぼり / JITTERIN’JINN の歌詞 (21173) – プチリリ

すべてひと通り終わったら、YouTube動画で「こいのぼり」をチェックしてみて下さい。

歌詞と曲とで印象が大きく変わった、そういう人がかなりいるのではないでしょうか?

やま
やま
あまりに前向きすぎる、ロックナンバーです。
ねこ
ねこ
しんみりする様子はゼロだな!

曲を聴くと完全にジッタリンジンそのもので、これはもはや通常運転といった感じです。

曲そのものは本当に素晴らしいのですが、そこに祈るような歌詞が加わってきます。

これらが見事に合わさることによって、屈指の名曲に仕上がっているように思います。

やま
やま
「こいのぼり」はもっと評価されて良い、素晴らしい名曲です!

ジッタリンジンの「こいのぼり」について、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

「こいのぼり」の概要について

ジッタリンジンの「こいのぼり」は、2001年のファンクラブ限定曲として出されました。

その後、2007年に発表したベストアルバム『8-9-10 ver.2』に、収録されています。

やま
やま
もっとも手に入りやすいのは、ベストアルバムです。

サブスクなどでは聴くことができず、オリジナルアルバムでの収録もありません。(※2021年11月現在)

「こいのぼり」にアクセスする方法は、かなり限られている…、というのが現状なのです。

ねこ
ねこ
もっといろんな方法で聴きたいよな~。

「こいのぼり」のYouTube動画について

「こいのぼり」を聴きたいと思ったとき、もっとも手軽な方法はYouTubeでの視聴です。

ジッタリンジンは公式YouTubeチャンネルで、さまざまな動画を発表しています。

おもに、シングルCDのミュージックビデオや、ライブ映像などが中心なのですが…。

あまり取り上げられることのない「こいのぼり」が、なぜかアップされているのです!

やま
やま
「こいのぼり」のYouTube動画、まさに最高です!

「こいのぼり」のミュージックビデオは、マンガ動画のような映像に仕上がっています。

この動画で描かれいるおもなテーマは、「男の友情」といったところでしょうか?

ねこ
ねこ
曲も良いけど映像もすごく良いよな~。

スポンサーリンク

「こいのぼり」の歌詞を読み解いてみる

「こいのぼり」で描かれている、歌詞の内容について読み解いていきます。

空を泳ぐこいのぼり 天に上って

伝えてくれ一つだけ 僕は元気だと

春川さんの心からの叫びから始まる歌詞は、「願い」や「祈り」の感情を感じさせます。

「こいのぼり」に想いを託すことで、普段は伝えられないことを言葉にしていく…。

ドラムの打ち込みが開始の合図となり、そこから流れるように曲が進んでいきます。

さよなら愛する人よ いつか会う日まで

そうだね別れはいつも こんなもんかもね

君がいなくなってしみわたった

無責任に晴れた五月の空

何らかの原因によって別れを余儀なくされてしまった、そんな雰囲気の描写です。

惜別の思いを綴っているのですが、その真相は果たして何なのか?詳しくは分かりません。

いろんなシチュエーションが想像できて、人によって解釈は大きく異なると思います。

・20年来の付き合いだった友人との別れを描いたワンシーン

・病に苦しむ弟を暖かく見守りつつどうにもできない兄の心情

・幼い子どもを事故死で亡くなってしまった母親の心情

「愛する人」と「別れ」が何を指すのかによって、ガラリと様子が変わってきます。

別れに対する悲しみを感じながらも、しっかりと受け入れている様子が伝わってくるのです。

駐車場 駅 夜の公園 一人で歩いた

「駐車場」や「駅」といった言葉には、どこか目的地がありそうな雰囲気です…。

「夜の公園」は、物思いに耽けっている様子が、何となくイメージされます。

惜別の感情をしっかりと受け入れるべく、一人で散歩しているのでしょうか?

空を泳ぐこいのぼり 天に上って

伝えてくれ一つだけ 僕は元気だと

サビは毎回、同じフレーズの繰り返しで、音程やリズムはまったく変わりません。

ただ、繰り返すことによって、より強い「祈り」の感情を感じさせるように思います。

ここで1番が終わり、続いて2番の歌詞へと進んでいきます。

さよなら愛しい日々よ きっと忘れない

願った色んな事が 叶う日が来ても

夢の中の君は何も言わず

ダメになっていく僕に笑いかける

過去に一緒に過ごした楽しい時間を、思い返しているかのような描写です。

時が進んでいろんな夢が叶ったけれど、それでもあの頃の時間は戻ってこない…。

思い出の時間はずっと止まったまま、それでも相変わらず君は「僕に笑いかけてくる」

バイク 音楽 実らない恋 朝まで話した

青春時代に夢中になった他愛もない話を、振り返っているかのような描写です。

朝まで話したというところを見ると、相手は仲が良かった友だちなのでしょうか?

空を泳ぐこいのぼり 天に上って

伝えてくれ一つだけ 僕は元気だと

再びサビのフレーズが歌ったあと、破矢さんのギターソロが展開されます。

このギターが本当に格好良くて、ファンとしては聴くたびに惚れ惚れしてしまいます。

言いたかった話がいっぱいあった

聞いて欲しい事も増えたけど

真っ赤なギター あの娘の笑顔 今も一緒だよ

この描写からは、かつて抱いていた夢が叶った、そんな様子が伝わってきます。

「真っ赤なギター」「あの娘の笑顔」「今も一緒だよ」

僕はいまも元気にやっている!それを伝えたくて「こいのぼり」に想いを託していく…。

空を泳ぐこいのぼり 天に上って

伝えてくれ一つだけ 僕は元気だと

最後のサビは、同じフレーズを2回繰り返して、曲は終わりへと向かっていきます。

4分22秒の曲の中で、「こいのぼり」に想いを託した回数は、全部で5回となります。

この繰り返しによってわたしには、「祈り」という面が、より鮮明になっているように感じるのです。

「こいのぼり」の口コミについて

ジッタリンジンの「こいのぼり」に言及した、口コミを拾ってみました。

「こいのぼり」は絶対に聴いておきたい名曲!

ジッタリンジンはキャリアが進むにつれて、素晴らしい名曲を生み出していますが…。

「こいのぼり」はまさに、その進化の果てに生まれた、渾身の一作だと思います。

しかし残念ながら「こいのぼり」は、それほどスポットを浴びているようには思いません。

やま
やま
「こいのぼり」の良さを、もっと多くの人に知って欲しい!

曲の素晴らしさとか、本当の意味に気付くまでに、少し時間がかかる曲だと思います。

ただし、歌詞の深さは随一で、本当に伝えたいことが詰まっているように感じます。

これはわたしの勝手な想像ですが、歌詞からはものすごく熱いが伝わってくるのです。

ねこ
ねこ
こんな歌詞、なかなか書けないぞ!

「こいのぼり」にはさまざまな解釈があり、聴く人によって印象が異なります。

いろんな聴き方に耐えうるからこそ、大きな存在感を放っているのだと思います。

やま
やま
「こいのぼり」は最高の名曲です!

ジッタリンジンの名曲は数あれど、「こいのぼり」は絶対に欠かすことはできません!

これを機にもう一度、「こいのぼり」を聴き直してみてはいかがでしょうか?

何度も聴いているうちに、きっと新たな発見ができるものだと思います!