自己実現

【実体験】無職になったらやるべきこと・やって良かったことはこれ!

無職になると突発的に、さまざまな感情が押し寄せてくる瞬間があります。

ポジティブなこと、ネガティブなこと、これまでのこと、これからのこと…。

不安や悩みに襲われることもあれば、開放感で楽しい気分になることも…。

やま
やま
わたしの場合、ものすごく楽しい気分でした。
ねこ
ねこ
無職って最悪だけど最高だよな!

わたしは10年近く会社で働いたのちに、自分の将来を考えて退職しました。

現在はブログやWebライター、サイト制作など、フリーランスとして活動しています。

いわゆる個人事業主に当たるのですが、実質的にはほとんど無職に近い状態です。

そんな生活を2年過ごしてきたのですが、その間にさまざまな変化がありました。

やま
やま
長く続いているので、わたしは無職の適性があるのかもしれません。
ねこ
ねこ
無職って、向き不向きは間違いなくあるよな~。

無職というのは人生で一度くらいは、味わった方が良い貴重な経験だと思います。

いままでの自分を見つめ直す…、またとない機会ではないでしょうか?

本記事は以下の3つの軸から、わたしの実体験について語ってみたいと思います。

・無職になる前にやるべきこと(手続き関係)

・無職になったらやるべきこと(同上)

・無職になってやって良かったこと(おもにプライベート面)

やま
やま
無職は次に成功を掴むための絶好のチャンスですよ!
ねこ
ねこ
無職っていう響きが最高だよな~。

無職の期間にやること、やって良かったことなどを、綴ってみたいと思います。

スポンサーリンク

わたしが会社を辞めるまでの経緯

無職になるというのは、人によってさまざまな理由があるのではないでしょうか?

・会社が倒産してしまった

・会社からクビを切られてしまった

・将来のことを考えて自分から辞めた

わたしの場合、将来のことを考えて自己都合で辞めた、といった感じです。

わたしは新卒で百貨店に入社して、各地を点々としながら働いていました。

10年という節目を迎えたとき、将来について真剣に考えるようになりました。

やま
やま
10年というのが大きな節目としてありました。

気持ちはどんどん大きくなっていき、やがて退職を考えるようになりました。

会社を辞めることを考えたときに、以下のことを達成したいと思いました。

・有給はすべて消化する

・直前まで辞めることを公にしない

・送別会はすべて辞退する

わたしが上司に会社を辞めると切り出したのは、退職日のおよそ4ヶ月前…。

切り出そうにもなかなか切り出せない…、そんな期間が少しありました。

実際には、半年くらい前から準備をしていた、ということになります。

やま
やま
最初に言い出すのは、けっこう勇気がいりました。

早くから伝えていたこともあって、特にあと腐れはありませんでした。

一部の人を除いて、わたしが辞めることをほぼ知らない、そんな状況でした。

辞めることが公になったのは、だいたい2週間前くらいだったと思います。

やま
やま
わたしが辞めると言ったのは、直属の上司だけです。

結果的にはすべて叶えることができて、あと腐れなく辞めることができました。

盛大な送別会とか、名残惜しい別れ、みたいなものは、一切ありませんでした。

まるで空気のようにサッといなくなる、そんな感じで退職することになりました。

やま
やま
10年ちょっと勤めた会社なので、少しだけ寂しい気持ちはありましたが…。

会社員時代にやっておけば良かった…、と思うことはあまりありません。

強いて言えば、会社の福利厚生をもっと使っておけば…、くらいでしょうか?

無職になる前にやるべきこと

会社員を辞めて無職になると、世間的な信用を大きく失うことになります。

審査関係が特に厳しくなると聞いていたので、あらかじめ以下のことを行いました。

・クレジットカードの作成

・銀行の口座開設

これらはすでに持っていましたが、念のため1つずつ追加で申請しておきました。

審査さえ通っておけば、使うか使わないかはあとから決めれば良いと思います。

やま
やま
無職になると審査関係が弱いです…。

また、住宅ローンを組むことや、賃貸物件の契約で、アウトを食らう事例も…。

わたしはのちに引っ越しをしましたが、住める物件はかなり限られていました…。

ただし、これを過剰に心配する必要は、あまりないという風に感じています。

やま
やま
最悪、実家に住めば良いと思っていました…。

物件選びのときに不動産の人に聞けば、審査についていろいろ教えてくれます。

ここは審査が緩いとか、保証人が不要とか、逆にここは絶対に通らないとか…。

審査関係については、会社員の信用が使える間に使った方が良いと思います。

スポンサーリンク

無職になったやるべきこと

仕事を辞めて無職になったら、さまざまな手続きを行う必要があります。

わたしが実際にやったことは、大きく以下の3点があります。

・健康保険の手続きを行う

・厚生年金⇒国民年金への変更手続き

・失業保険の手続きを行う

健康保険と年金の手続きは、市役所に行けば手続きを行うことができます。

これらを忘れてしまうと、その先に待っているのは非常に辛いことばかりです。

・健康保険が適用されない

・年金がもらえない

国のセーフティーネットを自ら放棄するのは、絶対に得策ではありません。

やま
やま
忘れないようにしたいですね!

また失業保険については、ハローワークに行って手続きする必要があります。

会社都合で辞めた場合と自己都合で辞めた場合、もらえる開始日が異なってきます。

会社都合…手続きをして7日後以降

自己都合…手続きをして3ヶ月後以降

また失業保険をもらうためには、就職に向けた活動をする必要があります。

わたしの場合、就職相談とか講義などに出向いて、失業保険をもらっていました。

あるいは職業訓練校に通って、手に職を付けるといったことなどもできます。

やま
やま
失業保険は次に向けた精神安定剤になりますよ!

無職でもっともヤバいのは住民税の支払い

無職になってもっともヤバいのは…、何と言っても住民税の支払いです!

6月ごろになると突然、通知がやって来て、多額の出費が発生するのです!

やま
やま
住民税の支払いが、すごく重いです。
ねこ
ねこ
あとから来るのってけっこう辛いよな~。

住民税は前年の収入を元に計算し、6月ごろに支払いの通知がやってきます。

ここで大きな出費が発生するので、会社員を辞めたときは特に注意が必要です。

無職になってやってよかったこと

わたしは無職の期間を「人生の夏休み」として満喫しようと考えていました。

貯金がある程度あったので、お金と相談しながら好きなことに励みました。

・フリーランスという生き方を模索した

・自分の好きな勉強をとことんやった(おもにネット関係)

・時間を忘れて遊びに没頭した

もっとも重視したのは、自分に足りていない部分を学ぼう!ということです。

さまざまな勉強をしたのですが、なかでも特に良かったのは以下の3点です。

グロービス学び放題…ビジネス全般

Udemy…おもにマーケティング

TechAcademy 無料体験…プログラミング

特に、最初に挙げたグロービス学び放題は、ものすごく熱心に勉強をしました。

これは会社員のときに学んでおけば良かった!そんな後悔の気持ちもあります。

やま
やま
もっと早く学びたかった…、なんて思います。

社会人経験を積んだら、すべての人が必ず1度は学んだ方がいい!と思います。

グロービス学び放題については、以下の記事も合わせてご覧ください。

また時間ができると、多くの人が考えるのは、海外旅行ではないでしょうか?

わたしの友人は、仕事を辞めて世界一周の旅を、ずっと続けていました。

ウユニ湖が最高だった!なんて話は、聞いているだけでものすごく楽しいです。

やま
やま
海外旅行もすごくいいですね!

じゃらん楽天トラベルを見ながら、どこに行くか思いを馳せていく…。

楽天トラベルのスーパーセールを購入すれば、お得に行けることも多いです!

※3ヶ月に1回くらいの頻度で開催しています。

またHafHというサービスを使って、いろんな場所を泊まるのも最高です!

わたしの周りにはノマド民が多く、HafHで全国を渡り歩いていました。

月額サービスということもあり、出費があらかじめ分かるというメリットも…!

やま
やま
HafHは本当に最高のサービスですよ!

会社員の間だとなかなかできないことが、無職になると思い切りできる!

予算と期間を決めて心ゆくまで楽しむ!というのも、選択肢の1つではないでしょうか?

やま
やま
考えているとだんだん楽しくなってきました。
ねこ
ねこ
いつまでも続くと思ったらダメだぞ!

無職の特権について考えてみる

一口に無職と言っても、人にはさまざまな背景があるので一概に言えません。

ただ、お金があるかないかによって、大きく変わるのではないでしょうか?

やま
やま
無職は見方によっては最高ですが、一方で最悪とも言えます!
ねこ
ねこ
結局、お金があるかないかだよな~。

わたしは会社員時代、お金はあったのですが、使う時間がありませんでした。

無職になって、これまで貯めたお金を吐き出す作業を、ずっと続けている状況です。

これはわたしの持論ですが、大人になって一度くらいはゆっくりする時間が必要です。

やま
やま
大人の時間はすごく貴重ですよ!

老後になってからゆっくりしようにも、もはや体力や気力が残っていません。

無職の期間というのは、新しいことを始めるには最高のきっかけだと思います。

無職になったらやるべきことは人それぞれ

ここまで書いてきたことは、あくまでわたし個人の見解に過ぎません。

もちろん良いことばかりではなく、デメリットもたくさんあるように思います。

・ダラダラ過ごしてしまった

・体を動かさないので太ってしまった

・不規則な生活を送るようになった

やま
やま
これらはすべてわたしの実体験です。
ねこ
ねこ
無職もいろいろと大変だな~。

無職になったら何をやりたいか、自分の中でしっかりと目的を持っておく…。

そうすることによって、過ごし方も大きく変わってくるのかもしれません。

 

ちなみにわたしの目標は、自分が納得いくまで長編小説を読むということです。

『カラマーゾフの兄弟』や『ジャン・クリストフ』しっかりと読み込みたい!

やま
やま
心ゆくまでじっくり読んでみたいです!
ねこ
ねこ
長編小説をじっくり読むのは、最高の贅沢だよな~!

何のしがらみもなく自由に振る舞うことができるのは、無職の特権だと思います。

勉強でも旅行でも読書でも何でもいい!思い切りやれるのが最高の贅沢なのです。

わたしが実際にやってみたサービスを、改めてまとめてみたいと思います。

興味のある方は、是非ともサイトをのぞいてみて下さい。